ハウスクリーニングに依頼すればほこり1つ逃すことはない

業者が行う家のお掃除

定期利用が効果的

インテリア

年末や引っ越しシーズン、連休の前後などは、一般的にハウスクリーニングのニーズが高くなる時期です。
共働き世帯が増えている現在では、家人が在宅する長期休みを利用して、ハウスクリーニングのサービスを利用する方がかなりの割合を占めます。
このような時期に、まとめてハウスクリーニングを済ませてしまうのが、最近の家庭のお掃除の進め方です。
まとめてハウスクリーニングをすると、大体において作業時間が長くなります。
数か月分の汚れを落とすには、プロでもある程度時間がかかるのが現実です。
従って、時間制で料金を決めるサービスの場合、超過料金などが発生する可能性があります。
こういった問題を減らしてくれるのが、定期的なハウスクリーニングサービスです。
文京区では、ハウスクリーニングの定期依頼に応じる所が増えており、汚れが気になる前にお掃除をしてもらうことが出来ます。
定期的にハウスクリーニングを行うと、1回ごとの作業が短時間で終わります。
文京区にあるような業者と年間契約を交わした場合には、割引料金が適用されることが多く、まとめて依頼するよりも却ってお得です。
文京区の業者では、利用者の都合に合わせてフレキシブルな対応をしており、夜間や不在時にもサービスが受けられます。
散らかった部屋や汚れたキッチンなどは、生活上のストレスにもなり得ます。
文京区で利用出来るような定期的なサービスを上手に活用すれば、日常生活のストレスも軽減出来ると予想されます。

死後の清掃を行う

作業員

特殊清掃とは、人が突然亡くなった部屋や家をきれいに清掃することです。
例えば、事故や孤独死や孤立死、もしくは自殺などの死因により遺体の発見が遅れることで部屋や家に汚れが染み付いたり、死臭が発生したりします。
また、生活していた関係から亡くなった人の遺品なども整理して、部屋や家から持ち出す必要もあります。
特殊清掃が行なわれる部屋や家は、主に賃貸物件であり、また次の人に部屋を貸せるように部屋や家を元の状態に戻す清掃です。
特殊清掃の作業内容は、腐敗体液や汚物の撤去、害虫駆除や消臭消毒が基本です。
遺品整理は、ご遺族が行う場合と業者に依頼するケースに分かれます。
特殊清掃にかかるトータルの費用は、約6万円から50万円程が相場と言われていますが、作業内容によってはこれ以上になることもあります。
それぞれの作業内容と費用を見ていくと、腐敗体液と汚物除去は約2万円から25万円程かかり、ご遺体がいたむことで発生する死臭の主な原因です。
ご遺体が運び出された後にこれらの死臭の原因となるものは部屋や家のあちこちに染み付いているので、きれいに清掃していきます。
害虫駆除も人が亡くなって時間が経ってしまうとどうしても、発生してしまうので駆除するための費用は約1万円から10万円程かかります。
最後の消臭消毒は約2万円から15万円程の費用がかかり、次に貸す人のために行うものです。
2日程時間をかけて人の死臭をしっかりと強力な消臭剤を用いて消していき、清潔さを保つための消毒もしっかり行います。
遺品整理にかかる費用は業者に依頼した場合は部屋の広さに応じて変わりますが、ワンルームで約3万円から10万円程です。
亡くなった人の荷物を全て運び出し、捨てるものと形見分けするもの、金銭的な価値のあるものとに分けていきます。
これらの作業を全て行うことが、特殊清掃と言われる清掃作業です。

業者選びで気を付けること

男性

特殊清掃が必要な部屋は、臭い、汚れ、害虫、遺品整理などの問題が重なり合っているため、専門業者に任せるのが1番です。
しかし、適当な作業をする業者を選んでしまうとこれらの問題は解消されず、近隣住民や不動産会社からクレームが入る場合があります。
そのため、特殊清掃をやり直すことになり、遺族の費用負担が倍増してしまいます。
このように、特殊清掃では業者選びが重要なポイントになるのです。
複数の特殊清掃業者に見積もりを依頼するのは良いのですが、費用の安さだけで選んではいけません。
追加費用が次々とプラスされて、結局割高になってしまうケースがあるからです。
見積もり費用に、何万円からとか何万円よりと書いてあるものは、業者に上限を書くように伝えましょう。
また、ワンルームの見積もりが100万円を超える業者は、特殊清掃の費用相場から見ても高額です。
このようなボッタクリ業者は、費用相場をネットなどで事前に調べておくと避けることができます。
良い特殊清掃業者はできるだけ清掃作業で汚れを落として消臭しようとします。
しかし、状況によってどうしても落とせない汚れや消せない臭いがあり、これらを取り除くためのリフォーム工事が必要になることもあります。
業者の中にはこれを悪用してリフォーム工事を強く勧めてくるところがあります。
執拗に勧めてくる業者には毅然とした態度で断ることも大切です。
女性や高齢者が見積もりを依頼したらいきなり作業を始める業者や契約するまで居座る業者もいます。
業者に見積もり依頼するときは、2人以上で立ち会うようにしましょう。